ピアノ講師です、人は見かけによりません


by iasscyyb3m

<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が25日から静岡県伊豆市で行われ、26日午後4時19分、247手で挑戦者の張栩十段(30)が山下敬吾棋聖(31)に白番1目半勝ちし、4勝1敗で奪取した。張は十段、王座、碁聖に初獲得の棋聖を加えて4冠となった。かつて本因坊、名人、天元も獲得しており、7大タイトルをすべて制したことになる。この“7冠グランドスラム”は、87年に当時31歳の趙治勲九段(二十五世本因坊治勲)が達成して以来、23年ぶり史上2人目。

 張は09年4月、現行の7大タイトルがそろって以来(77年〜)、初の5冠同時制覇を達成した。09年10月に20歳の井山裕太八段(当時)に名人を奪われ、同12月には山下に天元を取られた。だが、初挑戦の棋聖戦では見事な打ち回しを見せ、同世代のライバルを圧倒。4連覇していた山下の名誉棋聖の資格獲得(5連覇か通算10期が条件)を阻止した。

 張は台湾出身。林海峯名誉天元門下で94年、プロ入りした。7大タイトル獲得数は歴代6位の計18期。

 将棋界にもタイトルが七つあり、それをすべて制したのは中原誠十六世名人(一つは竜王の前身の十段)、谷川浩司九段、羽生善治名人の3人。羽生は96年、7冠同時制覇の偉業を成し遂げた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
囲碁:小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
訃報:中山典之さん77歳=囲碁棋士
囲碁:謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目

<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり−ベルリン映画祭(時事通信)
首相動静(2月26日)(時事通信)
<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)
パナソニック電工、長榮専務が社長に就任へ(レスポンス)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-27 20:10
 前方を走るオートバイに後方から乗用車で突っ込み、少年2人を死傷させたとして、福岡県警小倉北署は21日、殺人と殺人未遂の疑いで、北九州市小倉南区下曽根の自称マッサージ師、鎌田厚志容疑者(34)を逮捕した。
 同署によると、鎌田容疑者は「前方のオートバイが、蛇行運転や爆音を上げ走行していたので頭にきた。ひき殺してやろうと思った」などと話しているという。
 逮捕容疑は21日午前1時ごろ、北九州市小倉北区霧ケ丘付近の路上で、福岡県築上町西八田の家事手伝い、植田涼介さん(18)らが運転するオートバイ2台に、殺意を持って後方から車で追突。いずれも転倒させ、植田さんが死亡、別の無職少年(17)にも頭を打つ軽傷を負わせた疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為
19歳少年を逮捕=大学生の傷害致死容疑
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし
中国で児童ポルノ撮影、逮捕=年齢鑑定し少女と特定
集団暴行受け、中2重体=少年4人を逮捕

<五輪フィギュア>高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
向精神薬 医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
アグネスさん ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会(医療介護CBニュース)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-26 08:29
 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が24日、大阪地裁であった。

 村木被告の指示を受けて証明書を作成したとされる当時の元係長・上村勉被告(40)が証人として出廷し、「企画課長だった村木被告の顔は知っているが、仕事で話をしたことはない」「村木被告には証明書を渡していない」などと証言し、「証明書発行は村木被告の指示だった」とする検察側の主張を否定した。

 公判では、村木被告に証明書発行を指示したとされる障害保健福祉部の塩田幸雄・元部長(58)も「(指示の)記憶がない」と証言しており、検察側が描く事件の構図が揺らぐ形となった。

 検察側によると、上村被告は2004年5月中旬、自称障害者団体「凛(りん)の会」元会員の河野克史被告(69)から証明書発行を催促され、発行手続きが進んでいるように見せかけるため偽の決裁書類を作成。6月上旬、村木被告に「決裁なんかいいんで、すぐに証明書を作ってください」と言われ、偽の証明書を作って村木被告に手渡したとされる。

 この日、上村被告は、偽の証明書を作成した理由について「予算のことで頭がいっぱいで一刻も早く雑事を片づけたかった。偽の決裁書類を出した時点で、将来的には証明書も偽造しないといけないと追い込まれ、6月1日に偽造を最終決断した」と説明した。

<皇太子さま>雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)(毎日新聞)
小学館社長かたりモデル志望の女性騙す 「誕生日プレゼントを…」と現金詐取 逮捕 (産経新聞)
水俣病患者会の23人が提訴へ(産経新聞)
上田容疑者を起訴=円山さん殺害、連続不審死−鳥取地検(時事通信)
中曽根元首相「世界遺産実現したい」 ふじさんの日フォーラム(産経新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-25 03:19
 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している野口聡一さん(44)ら飛行士計11人の共同記者会見で、野口さんの発言要旨は次の通り。

 −−ISS滞在の感想は

 「ISSに来て2カ月ぐらいたつが、本当にここまで順調。地上の人たち、特に筑波(宇宙センター)の管制室で頑張っている皆さんとの協調作業が非常にうまくいっている。これまでの成果に感謝している。4月の山崎(直子)さんのフライトに向けて、これからいろいろ準備を進めていきたい」

 −−滞在2カ月が経過して、何が変わったか

 「ここで生活することに体も精神も慣れてきた。宇宙生活を楽しめるようになってきたことが一番の変化。今回の(シャトル)ミッションで大きな窓も開いたので、そこから地球を見ることで、違った視点が加わって面白くなると期待している」

 −−ISSに人が住むことの意義を子供たちに説明してほしい

 「ISSは素晴らしい設備。もちろん科学面での成果も大きいが、これほど大きな国際協力プロジェクトに日本人が絡んでいて、地上から来た人の中に日本人がいる。日本の子供たちに『ああいう所で働く未来もある』と、感じてもらえるのでは。私がここで感じ、伝えたいメッセージは『ごらん、地球は美しいよ』ということ」

 −−ISSでインターネットが使いやすくなったことで、地球との距離感は変わったか

 「今回からインターネットが使えるようになり、地上との距離感を縮める上で非常に効果があると思う。(ミニブログのツイッターで)こちらからの情報発信もあるが、地上で何が起こっているかを見る意味でも大きい。私は毎日、皆さんと同じようにオリンピックのニュースにかじりついてます」

 −−注目している競技は

 「日本選手もメダルを取ったようで、この後の活躍が楽しみ。ISSでスキーのジャンプをしている映像も送ったが、スキー、スケート、フィギュアスケートも素晴らしい選手が大勢いるので、ぜひメダルを期待してます。頑張ってねーみんな」

 −−手巻きずしのパーティーを開いたそうだが

 「シャトルクルーが来た先週、一緒に昼ご飯を食べたときにメニューのひとつとして出した。のりとご飯、シャケ、エビを使った。ロシア人のクルーは、エビにマヨネーズをかけて『エビマヨ』の手巻きずしを大変喜んでいた」

 −−シャトルクルーのスティーブン・ロビンソン飛行士(米)とは5年前の飛行でも一緒だったが、宇宙で再会した感想は

 「5年前も素晴らしい友情で結ばれていた。ISSにいると、友人を迎えることほど楽しいことはないなあと、ひしひしと感じた。シャトルクルーは今日で作業を終えて帰ってしまう。すごく寂しいが、次に新しくやってくる友人たちを迎える準備に向け、気持ちを切り替えていきたい」

 −−今の生活で楽しいことや、寂しいことは

 「窓から見る地球の景色が毎日楽しい。(その画像を)ツイッターで送っているが、この地球の美しい姿を大勢の人に見てもらいたい。それを見た皆さんの感想も、ツイッターの中で私はちゃんと読んでいる。いろんな感想があるなと思っている。地上の人とつながりながら、残りの滞在期間を過ごしていきたい。もちろん地上での家族との時間とか、食べたいものとかもあるが、ここでしかできないことを楽しみたい」

 −−地球を見て何を感じるか。日本で印象に残っている地形は

 「前回の飛行では、船外活動で宇宙空間にぽつんと浮かんでいるときに、地球と一対一で、互いに生物として向き合っている感覚を覚えた。今回は毎日、窓越しに見ながら、そこにいる人たちの生活、それぞれの地域、違った街で住んでいる人たちの生活に関心がいっている。日本はどこを見ても美しい。北海道の冬景色や雪化粧もきれいだし、東京の夜景もきれいだし、桜島(鹿児島県)の噴火も素晴らしい。でも小さな街のちょっとした風景、例えば岩手県の辺りの小さな漁港の景色とかでも、本当に心を奪われることがある。最後の日まで、隅々まで日本の様子を見たい」

 −−ISSの運用期間が5年間延びたが

 「2020年まで延長になったことは、非常に素晴らしいと思う。日本人宇宙飛行士(候補者)は昨年3人増えて、日本の代表として頑張って訓練しているが、彼らの飛行機会が確実になったことが一番うれしい。私自身は、明日の予定もはっきり分からないぐらいなので、一日一日をしっかり過ごすことに専念したい」

 −−宇宙環境には慣れたか。昨年、長期滞在した若田光一さんはISS内部を「マグロのように泳いでいる」と言っていたが

 「最初の1カ月はゆっくりだったが、今は体も精神的にも慣れて、スイスイ泳いでいる。若田さんがマグロだとしたら、僕はメダカのように泳いでいる。今はいろいろなタスク(仕事)で忙しく、非常にめまぐるしく動いているので、メダカのようにキョロキョロしている」

 −−地上の家族と話したか

 「家族、友人と電子メールやテレビ電話、普通の電話回線で話はできている。長期滞在のときは、地上にいる人たちと話せることが精神的な安定のためにとても大事だと感じている」

 −−5年ぶりのISSで驚いたことは

 「ISSが広くなったなあというのが率直な感想。(米国施設の)ノード2、(欧州の)コロンバス、(日本の)きぼう、そして今回、ノード3が付いて広く、大きく多彩になった。ほぼこれでISS内部は完成。ISSの完成形を見届けることができて、とてもうれしい」

【関連記事】
野口さん宇宙で五輪にかじりつき
オバマ米大統領が「宇宙」と交信 野口さんも参加
有人月探査計画は打ち切り 米予算教書
野口さん宇宙で豆まき 赤鬼の面つけ
チョコレート浮かべパクリ 野口さんが北海道の小中学生と交信

SS侵入で前原国交相「内閣全体の判断が必要」(産経新聞)
「MOTアニュアル」 若手10人が彩る「装飾」 東京都現代美術館で開催中(産経新聞)
レセオンライン化訴訟の総括文書を採択―神奈川原告団総会(医療介護CBニュース)
知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)
温暖化ガス、家庭で最大半減に=行程表素案を公表−環境省(時事通信)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-22 19:00
 菅直人副総理兼財務相が3月から、消費税率引き上げを含む税制抜本改革に着手するとの意向を表明したことについて、16日の閣議後の会見で、閣僚から発言が相次いだ。所得税や法人税など税制全体を見直す必要性にほぼ異論はないものの、消費税増税を前提とした議論は積極派から反対派まで幅広く、閣僚間の温度差は大きい。

 「消費税(増税)ありきという議論には立たない」。原口一博総務相は会見で、こう強調。「疲弊した経済に増税すればかえって(景気がさらに後退し税収が減るため)財政赤字は拡大する」と景気回復前の増税にクギを刺した。

 福島瑞穂少子化担当相は、消費税増税で年収の少ない世帯の負担が増えるとして「議論はいいが、税率引き上げには反対だ」と社民党代表として反対の姿勢を鮮明にした。亀井静香金融担当相は「消費税だけを取りだして議論をするほど暇ではない」などと一蹴(いっしゅう)した。

 これに対して、「ムダを排除した上で、必要なら上げる」(直嶋正行経済産業相)「消費税、所得税すべての(税の)バランスを考える必要がある」(仙谷由人国家戦略担当相)と増税の必要性をにじませた声も少なくない。

 鳩山由紀夫首相は「この4年間は(消費税を)上げないが、議論することは結構だ」との立場だ。菅財務相はこの日、「あらゆる税について本格的議論をそろそろ始めるべきだ」と意欲をみせたが、閣僚の意見は多様なだけに曲折は避けられそうにない。【寺田剛】

【関連ニュース】
消費税:自民に影響必至 参院選「対立軸」あいまいに
消費税:「4年間は上げぬ」首相
菅副総理:次期衆院選前の消費税引き上げ否定
菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向
谷垣総裁:消費税10%以上必要

<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)
AEDの不具合疑い328件=01年以降で−消防庁調査(時事通信)
「官僚支配を心配」=鳩山政権の現状を懸念−小沢氏(時事通信)
<雪>関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)
<交通安全>日本のルールを覚えよう 外国人にセミナー(毎日新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-21 14:56
 水戸地裁は18日、午前10時から予定されていた危険運転致死罪に問われた茨城県常陸大宮市の無職、清水優被告(38)に対する裁判員裁判による初公判の開廷時間を積雪のため30分遅らせた。

 水戸市内では午前10時現在で、12センチの積雪を観測しており、この影響で、裁判員6人のうち2人が公共交通機関の遅れや道路の混雑により裁判所への到着が遅れたという。裁判は18、19の両日の予定で、全体の日程に影響はないという。【原田啓之】

【関連ニュース】
首都圏・雪:首都高新都心線で一時通行止め
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
雪:関東甲信で降雪 都心でも積雪

<エンダン文庫>母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
放射冷却で冷え込み、今週中は厳しい寒さ予想(読売新聞)
陸山会事件、首相「小沢氏さらに説明を」(読売新聞)
検察側、無罪求め謝罪=足利事件再審公判−宇都宮地裁(時事通信)
消費税や年金、与謝野氏「超党派で協議を」(読売新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-20 04:42
 鹿児島県鹿屋市の元飲食店店長松元洋人さん(35)が「低酸素脳症」を発症し、意識不明で寝たきりになったのは、長時間の時間外労働が原因として、松元さんと両親が、飲食店経営会社「康正産業」(鹿児島市)を相手に計約3億5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。山之内紀行裁判長は安全配慮義務違反と発症との因果関係を認め、未払いの残業代を含め計約1億9500万円の支払いを命じた。
 原告側代理人によると、損害賠償額は約1億8700万円で、過労をめぐる訴訟では最大規模という。
 判決は、松元さんが2004年に低酸素脳症を発症する1カ月前の残業時間を月176時間、発症2〜6カ月前も同平均200時間と認定。「被告に安全配慮義務違反があったことは明らかで、不法行為にも該当する。低酸素脳症発症との間に因果関係もある」と指摘した。
 判決後会見した母紀子さん(60)は「『(判決は)会社を断罪している』という話を弁護士から聞いて、胸のつかえが取れた」とコメント。父美幸さん(66)も「息子に良い報告ができる。これで介護に専念できる」と話した。
 康正産業は1970年設立で、正社員は約380人。鹿児島、福岡、宮崎、熊本の4県ですしや和食レストランなどを展開している。
 康正産業の話 判決文を見て、今後の対応を決める。 

【関連ニュース】
法廷外から訴訟に参加=ネット活用、弁護士ら実証実験

<歴史共同研究>政権に影響、中国側懸念「戦後史は非公表」(毎日新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
<群馬・たまゆら火災>借金返済のため運営 高桑容疑者供述(毎日新聞)
<アパート放火>「自白の信用性に疑念」と大阪地裁無罪判決(毎日新聞)
プリウス所有者困惑 「対応遅い」不満も(産経新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-19 04:29
 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第6回公判が12日午前、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で始まった。

 検察側は論告で、「無罪が言い渡されるべきことは明らか」と述べて無罪論告を行うとともに、「17年半の服役を余儀なくし、誠に申し訳なく思う」と菅家さんに謝罪した。弁護側は最終弁論で、判決の中でこれまでの裁判の誤りを認めるよう求めた。

 菅家さんに対する検察側の謝罪は、昨年10月に宇都宮地検の幕田英雄検事正が行っているが、再審公判の法廷では初めて。再審公判は、弁護側の最終弁論で結審し、無罪判決は3月26日に言い渡される。検察側はこれまで、菅家さんの有罪の根拠となった警察庁科学警察研究所(科警研)の旧DNA型鑑定や自白の任意性について「問題なかった」との見解を示しており、この日の論告でも触れることはなかった。

 弁護団は最終弁論で、「再審請求を棄却した(当時の)地裁の姿勢は、裁判所に対する市民の信頼を著しく失墜させた」と述べ、再審開始までの裁判所の対応を厳しく批判。また、1審にさかのぼって、「菅家さんの自白と客観的事実には矛盾があった。裁判所はなぜ自白の信用性の判断を間違ったのか」と疑問を投げかけた。

 さらに、再審公判で録音テープ(92年12月8日)が再生され、取り調べを担当した宇都宮地検の森川大司検事(当時)について「起訴後の自白獲得が目的であり、明らかに違法だ」と指摘。科警研のDNA型鑑定も、「刑事裁判の証拠として使用できる水準に達していなかった。証拠能力を否定すべき危険な科学的証拠だった」と述べた。閉廷前には、菅家さんが意見陳述をする予定。

<高松高裁長官>富越氏を任命 政府が閣議決定 (毎日新聞)
警察署内発砲 傷害の容疑者、銃奪い 1人重傷 東京(毎日新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)
午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題−トヨタ(時事通信)
車内で男性死亡、拳銃自殺か=コインパーキングに2カ月−警視庁(時事通信)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-18 04:23
 国民新党の下地幹郎政調会長は15日夜、「BS11デジタル」の番組「インサイドアウト」に出演。米軍普天間飛行場移設問題で「県外(移設)という(政権の)マニフェストを、5月末までに決める結論から降ろしてもらわなければ、この問題は解決できない」と述べた。5月末の決着期限を優先するなら県内移設が軸とならざるを得ないとの認識を示した。県内移設と訓練の県外への一部移転を組み合わせた国民新党案に政府・民主党が同調するよう求めた形だ。【朝日弘行】

【関連ニュース】
普天間移設:沖縄県連も提案へ 民主議員が意向
米民主党上院議員:普天間移設の解決策「たくさんある」
普天間移設:福島党首「陸上案」に反対
普天間移設:結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明
北沢防衛相:沖縄駐留の重要性を強調…衆院予算委

<訃報>面高信俊さん89歳=元王子製紙副社長(毎日新聞)
「裁判所も謝罪を」菅家さん冤罪の説明求める(読売新聞)
<菅財務相>「消費税、3月から本格的に議論」(毎日新聞)
<八王子医療センター>生存率、過大に説明 複数の患者らに(毎日新聞)
<人権活動家>上海に到着、入国許可される(毎日新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-17 05:02
 いらなくなった硬式テニスボールを再利用した環境に優しい座布団(45センチ四方)を、武庫川女子大(兵庫県西宮市)生活環境学部生活環境学科4年の森田綾さん(22)=同県宝塚市=が製作した。テニスボールの微妙な硬さを生かしたユニークな発明で、マッサージ効果も抜群という。

 昨年夏、卒業作品としてアイデアクッションを作ろうと考えていた森田さんが、テニスが趣味だった指導教官の小野木禎彦教授(高分子材料学)と話し合う中で思いついた。

 体育の授業で不要になったりしたボール約千個を調達。座布団の詰め物の歴史や変遷を調べた上で、学生や教員など102人を対象に「理想の座布団」に関するアンケートも実施した。ボール36個をクッションカバーの中に入れ込む形で、試作品も含めて座布団7枚を作製した。

 ゴツゴツした硬さはあるものの、多くの利用者からは「健康器具という印象」「むくみに効きそう」などと好評を得たという。

 小野木教授は「環境に優しい座布団を目指しただけだったが、マッサージ効果までもたらすという反応に驚いた。背もたれとして使っても効果がありそうだ」と評価する。

 テニスボール座布団は13日に同大学で卒業作品として発表する予定で、森田さんは「不要になったものでも、見方を変えれば何でも利用できる。いい勉強になった」と話していた。

【関連記事】
被災地出身の女子大生が斬新な堤防を発表 兵庫
【住まう】暮らしを楽しくする玩具 ウキウキ便利 大人も満足
低温で動く燃料電池へ 酸素イオン発生メカニズム確認 京大
香川のメーカーが、茶殻配合商品に注力
大阪最後の“一等地” エコ拠点に転換へ

<北沢防衛相>沖縄駐留の重要性を強調…衆院予算委(毎日新聞)
社民・福島氏、グアム案捨てず「粘り強くやっていく」(産経新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 初の予算編成及第点(産経新聞)
弁護士法違反で柔道整復師逮捕=資格なく示談交渉−埼玉県警(時事通信)
ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
[PR]
by iasscyyb3m | 2010-02-16 04:04